スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご迷惑をおかけしてます。


1号店(クラスナヤプレスニャ)より
お詫びとご説明


お客様より、「お店への電話がつながらない」と
ご連絡を頂いております。
大変ご迷惑をおかけしております。

只今、レストランの入ってるビルで、電話回線の修理が行われており
その影響で、当店への電話もつながりにくくなっております。

もうしばらくの間、ご迷惑をおかけいたしますが
ご理解の程、よろしくお願いいたします。

お店は 12時~24時まで毎日営業しております。
(ラストオーダーは 23時30分)



ご予約等は、岸本までお願いいたします。

IKP

スポンサーサイト

料理博物館 in Moscow


モスクワの料理博物館

4月5日に、日本食関係者10名ほどで行って来ました。

最初は、あまり期待をしていなかったのですが
モスクワにレストランが出来た当時(19世紀中頃)の内容、様子など
色々と興味深いものがありました。
料理博物館も2006年に改装され、きれいでした。

最初の頃にオープンしたレストラン3店の中に、
今でも、存在しているのが「プラハ」というお店。
1850年頃からずっと営業ってすごいですよね。

最初の展示室。

当時の様子をわかりやすく再現。
料理、サービススタッフ、ソムリエ、その頃の客席の様子の絵 など
s-P1150249.jpg

1800年代の頃のキッチン。 
おばちゃんは模型ではなくガイドさんです。
今でも使用しているようなキッチン器材
s-P1150308.jpg

19883年の貴族に出されたメニュー。
毎日、毎食、きれいな絵と共にメニューが書かれてます。
s-P1150293.jpg

ロシアの国々のメニューの紹介とその器などの展示
s-P1150392.jpg

宇宙食も展示されてました。
s-P1150358.jpg

小学生の学校給食 
これで1食ではありません。 
何種類かのメニューをまとめてます。
給食費が 始まった当時と変わらない費用 (35ルーブル)
s-P1150384.jpg

その他に、モスクワオリンピックの当時のメニューや
現在のキッチンシステム(マスタークラスに使用)や
モスクワにあるチェーン店のポスター、メニュー、座席の展示
レストラン全体の40%がファーストフード、チェーン店だそうです。

土曜・日曜日はお休みで、
平日 12~14時まで開館してます。
場所 http://www.yellow-pages.ru/rus/nd2/qu10/bo1945761

料理に関心がなくても、楽しめると思います。

ぜひ、どうぞ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。