スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大使館より お知らせ

大使館からのメールを転載いたします。


緊急事態対処訓練の実施について




2011-18在留邦人の皆様へ                   平成23年11月16日                   
在ロシア日本大使館領事部    

お知らせ(モスクワにおける緊急事態対処訓練の実施に関するお願い)
11月22日(火)に当日本大使館では,緊急事態対処訓練を実施いたします。
この訓練は,国内では【東日本大震災】,国外では【アラブの春】などの緊急事態が国内外で発生したことを受け,
これらの事案を教訓に,想定以上の事態が発生しても対応できるよう緊急時対応を強化することを目的としております。
この機会を捉えて,在留邦人の皆様におかれても,緊急事態に際して,
どのように対処していくかを是非とも平時の時に今一度お考えいただければ幸いです。
つきましては,訓練当日13時から14時半までの間に,当館から皆様のメールアドレスに,
緊急事態が発生したことをお知らせする訓練メールを2回配信いたしますので,
当館が作成しましたマニュアル(添付:当館ウェブサイトに掲載されている
モスクワにおける安全の手引きの緊急事態対処要領を改訂しました)の中のチェックリストを参考にされ,
緊急事態の際にどのように対処するかをご点検いただけると幸いです。
なお,ご多忙の時でもありますので,この点検を当日に行う必要はありませんので,
お手すきな時にご点検頂きますようお願い致します。

1.日時 11月22日(火)13時30分~14時30分の間に緊急メール【訓練】を2回送信します。
2.緊急事態想定以下の事態を想定した内容の緊急メール【訓練】を送信します。
(1)想定1 20XX年11月頃から市内各所でデモや集会が開催され,
次第に暴動が市内数カ所で発生,同年11月22日(日)(想定)の昼頃、
「アラブの春」と同様の規模の一般市民によるデモにエスカレートし,
更に政府支持グループと衝突するなど,暴動が市内各所で同時に発生,
数時間が経過したところで,通信手段が当局により遮断される事態を想定。
(2)想定2 暴動が若干沈静化した状態となったが,
二つに分かれたデモ隊と政府支援グループが衝突し,公共交通機関(地下鉄など),
通信会社、メディア会社なども占拠され,当局による武力介入が開始され,
邦人が迅速に国外退避を行う事態となったことを想定。
3.訓練内容別添の緊急事態対処マニュアル及びチェックリストを踏まえて,
各自で点検を実施願います。
なお,本チェックリストは,あくまでも参考としてご点検いただきますよう宜しくお願いします。

送信元:在ロシア日本大使館領事部
電 話:(495)229-2520
FAX:(495)229-2598
http://www.ru.emb-japan.go.jp/japan/  
ryojijp@mw.mofa.go.jp




 
スポンサーサイト
35mm フィルム 日本映画フェスティバル  | Home | 日本映画フェスティバル 2011 in Moscow

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。